格安SIMで通話料金を節約するなら!選んでおきたい格安SIMランキング

「格安SIMに乗り換えたい」
そう思う方、最近ではかなり多くなってきていると思います。

しかし、そういう方ほど見落としがちなのが、「通話料金」です。

LINEなどの無料通話アプリが主流になっていますが、何かと利用する機会がある通話機能ですが、実は格安SIMのデメリットとしてあげられます!

今回は、そんな格安SIMを利用した場合の『通話』について、色々とお話していきたいと思います。

格安SIMの通話料金について考えていこう

そもそも格安SIMって、『料金をかなりお得に抑えられる』などというように、価格で見られることが多いです。

アナタも「料金が安い!」なんて思って、格安SIMに興味を持ったと思います。

でも…実はソレ、結構後悔する原因になることが多いんです!

まずは格安SIMの意外な落とし穴となりがちな、「通話料金」について見ていきましょう。

電話を良く使う人ほど損をする可能性が高い

そもそも、基本的にスマホの通話料金は30秒で20円ほどかかります。これは各キャリアも格安SIMも、ほぼ同じ値段ですね。

しかし、キャリアの料金プランの中には、かけ放題プランが盛り込まれていることが多く、例えば格安SIMで1日10分、1ヵ月で300分の電話をかけた場合、通話料金だけで軽く1万越え。

そう考えると、いくら使わないデータ容量分の価格を節約できたとしても、支払う料金が同じもしくは増える結果につながってしまうんです。

カケホーダイや無料アプリをうまく使えば問題なし

そういわれると、

「格安SIMで節約できると思ったのに、むしろ高くなる?」

なんて思いますよね?
安心してください!

格安SIMの中には、通話料を無料または抑えることもできます。

仕事先や取引先などLINEでの通話が出来ないことが多い方は、特に注意しておくようにしておくようにしましょう。

これからの格安SIM、通話とどう向き合えば得をする?

そうは言っても、固定電話や一般電話への通話がだんだんと少なくなってきている今、改めて通話について向き合うと、電話の代わりにLINEの無料通話やトークでのやり取りが一般的です。

そこでここからは、これからの格安SIMと通話の向き合い方について、考えていきましょう。

通話料金が無料となるかけ放題を付けるかどうか

『かけ放題』。
このプランやオプションについて、ちょっと考えてみましょう。

1ヵ月の通話時間の割合
1分未満 32.5%
3分未満 20.6%
5分未満 13.0%
10分未満 9.2%
15分未満 6.6%
30分未満 3.9%
1時間未満 2.8%
2時間未満 1.5%
3時間以上 0.5%
全く通話しない 9.3%

1ヵ月の通話時間を見てみると、ほとんどの方が5分以内に通話を終了させることが多く、全体を見ても通話を利用している方がまだまだ多いため、かけ放題プランは『ある方がお得』といえます。

特に、毎日1分以上5分未満の電話をする、「ちょこちょこした通話が多い」方にとっては、格安SIMでもかけ放題のプランがついていたり、オプションで付けたりした方が得策ですね。

LINE等のSNS利用でデータ容量を消費しない方が使い勝手は良い

そしてもう一つ格安SIMに言えるのがコレ。

最近では通話も会話もほぼ『LINE』ありきの状態。

LINEはデータ通信量を消費して利用するため、通話料金を抑えることが出来ても、速度制限になりやすく、使い勝手が悪くなってしまいます。

そこで注目しておきたいのが、スマホをあまり使わない人やゲームをしない人でも、主要SNSの利用時にデータ消費をしない格安SIMを選ぶこと。

そうすることで、格安SIMでもLINEでの通話やトークでのやり取りを、今まで通りに使っていくことが出来ると思いますよ。

月額1,000円台~!通話も安心の“格安SIM”TOP3!

そこでここからは、通話料金も安心でき、かつ主要SNSでの利用も気軽にできるオススメの格安SIMをいくつか紹介していきたいと思います。

『価格を抑えつつ、通話も満足にできるものを選びたい!』

なんて思っているなら、是非参考にしていってくださいね。

LINE mobile

料金 【LINEフリープラン】
月額1,200円(1GB)~
利用できる回線 ・docomo
・Softbank
かけ放題 【10分かけ放題オプション】
月額:880円

通話のことを考えるなら一番得をするのが、LINEモバイルだと思います。

ここまでで紹介してきた無料通話アプリ『LINE』が提供しているだけあって、データ通信量を消費せずにLINEを利用できますし、Twitter・Facebook・Instagramといった良く使われるSNSでも、通信量を消費しないプランで使っていくことが出来ます。

ただ、かけ放題はオプションとなっており、10分以内の無料通話が月額880円とやや高めとなっているのが難点。

しかし『LINEでしか通話をしない』と言う方にとっては、スマホ代をかなり節約できると思いますよ。

UQ mobile

料金 【おしゃべりプランS/ぴったりプランS】

1,480円(1GB)~

利用できる回線 auのみ
かけ放題 料金プランに組み込まれている
【おしゃべりプラン内容】
5分以内の通話は何度でも無料
【ぴったりプラン内容】
毎月60分(~180分)の通話が無料

「電話の回数が多いけど、それ以外にスマホを使わない」

そんな人におすすめなのが、UQmobileです。
UQmobileは利用できる回線がauだけとなっていますが、2種類のかけ放題プランが基本料金プランとなり、利用状況に合わせて切り替えが簡単にできます。

また、価格が高くなるにつれて使用できるデータ容量が増えるので、今お使いのスマホの形態のように利用できるのも特徴的。

通信速度も格安SIM中最速となっているだけではなく、節約モードと高速モードの切り替えがワンタッチでできるので、使いたい時だけサクサク快適に使っていくことが出来るもの、うれしいポイントです。

ただ、au回線しか利用できないので、docomoやsoftbankの端末を利用する場合には、『SIMロック解除』が必要となる場合があります。

mimeo(マイネオ)

料金 【デュアルタイプ】
1,310円(500MB)~
利用できる回線 ・au
・docomo
・Softbank
かけ放題(通話料金) 【mimeoでんわ10分かけ放題】
月額:850円
【通話定額30】
月額:840円
【mimeoでんわ】
国内通話料10円/30秒

通話料金自体をお得に使うことが出来るとしておすすめなのが、mimeo(マイネオ)です。

かけ放題プランもLINEmobileと比べてちょっとお得になっていますし、月間最大30分の国内通話が定額で利用できるオプションも用意されています。

専用アプリmimeo電話からの発信で料金が半額になるのもうれしいポイントですね。

mimeoは独自のデータ通信に関するサービスも魅力ポイントとなっていて、有効活用すればよりお得にスマホを使っていくことが出来ます。

しかし、何かと必要な機能はオプションとなっているので、基本料金+付けたいオプション料金となることが多いので、合計するとほかの格安SIMと比べて高くつく場合もあるので注意してください。

まとめ

今や通話は1分以上5分未満の通話が多く、LINEなどの無料通話が基本となっています。

だからこそ、かけ放題は通話をする上で「あったらうれしい人」が限られてくるものです。

もしあなたが毎月20分以上の通話を行うなら、格安SIMでもオプションやプランでかけ放題を付けておいた方が良いと思いますよ。

スマホ代を節約するつもりで格安SIMに乗り換えても失敗しないためにも、通話にもしっかり注目しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です